治す方法!悩まず今すぐ!

膀胱炎の治し方

膀胱炎の治し方について簡単にまとめてみました。

膀胱炎は女性がなりやすい病気で、一度発症してしまうと繰り返しやすくなるという困った病気です。

一度なったことがあるという人は、再発しないようにしっかりと予防をするようにしてください。

膀胱炎の治療をする時は、抗生物質を使います。

薬を飲むと同時に水分をたっぷりと吸収し、排尿の尿量を増やすことによって、身体から菌を出すことが大切なのです。尿を出せば良いということでビールを飲んで尿量を増やそうとする人もいますが、この方法はあまりおすすめすることができません。アルコールは刺激があり、身体を冷やす効果もあるからです。

医師によってはビールでも良いという人もいますが、元々アルコールに強いという人でなければ適している方法ではないので注意してください。

もしも薬を飲んでも治らないという場合は、別の薬を試すことや他に原因がないか探すことになります。

急性膀胱炎の場合は基本的にこの方法で治すことができるので、まずはこの方法を試してみてから判断すると良いでしょう。

この他にも下半身の冷えに注意することや十分な睡眠を取ることも、膀胱炎の治し方として有効な方法です。

何か特別な原因がない限りは、この方法で膀胱炎を治すことができます

腱鞘炎の治し方

腱鞘炎の治し方についてまとめてみました。

腱鞘炎は手や指の腱周辺に炎症が起こり、慢性的な痛みやだるさをともなうものです。

最近ではキーボードをよく使う人が腱鞘炎になりやすいため、仕事柄パソコンをよく使うという人は、腱鞘炎に悩まされているのではないでしょうか。

腱鞘炎で気をつけなければいけないのは、症状が炎症ということです。

そのため温めてはいけません。アイシングをしっかりと行うようにしてください。

これを続けているだけでも、腱鞘炎の症状はだいぶ治まります。

腱鞘炎に効果的なのはテーピングやサポーターの存在です。

炎症して弱っている組織はデリケートにあつかう必要があるので、サポーターでの固定が有効なのです。

テーピングも同様に、患部に必要以上の負担をかけないように動きを制限することで、腱鞘炎を治りやすくする効果があります。

テーピングをする時に重要なのは、シワができるようにテーピングを貼ることです。

これによって皮膚が持ち上げられて、リンパ液や血流を良くして、炎症を和らげる効果があります。

腱鞘炎は症状が酷くなると、手術が必要になることもあるので注意してください。

適切な治療をしないと悪化してしまう恐れもあるので、充分に気をつけてください。

喘息の治し方

喘息の治し方について簡単にまとめてみました。

喘息は決して珍しい病気ではありませんが、重い発作によって多くの人の命を奪っている病気の1つです。

しかし喘息は治らないと言われている病気の1つでもあるのです。

こんな苦しいことが一生続くのかと思ってしまうかもしれませんが、気をつけていれば喘息の発作自体を抑えることは可能です。

完全に治ったかどうかはともかく、喘息の発作が起きない生活を送ることはできるのです。

もしも喘息の発作が起きてしまった場合は、吸入、点滴などの方法で発作を抑えることができます。

これは機関誌を広げる薬を使うことで、喘息の症状を抑えるというものです。もしも症状が重たい場合は、点滴と吸入を継続的に行うために、入院して治療を受けなければいけないこともあります。

では喘息の症状を防ぐためにはどうすれば良いのかということになります。

まず最初にやらなければいけないのは、環境整備です。ダニ・カビ対策は喘息対策としてとても効果的です。

また抗アレルギー薬や期間値拡張薬を使用することで、喘息を軽減することができます。この他にも運動療法や鍛錬療法(乾布摩擦)など、喘息対策になることはたくさんあります。

喘息の症状をあきらめてしまうのではなく、できるだけ起こさないようにさまざまなことを試してみてください。

包茎の治し方

包茎の治し方についてまとめてみました。包茎は男性特有の悩みです。

しかもとてもデリケートな悩みなので、あまり人に相談できることではありません。

しかし治らないというものでもないので、色々な方法を試してみてください。

基本的に自力で治せる包茎は仮性包茎のことです。

毎日10分程皮を剥いておくということを続けるだけでも、だんだん効果が出てきます。

真性包茎や広東包茎の場合は堂なのかというと、絶対に効果がないとは言いませんが、それでもその効果が出るまでにはかなりの時間が必要になります。それなら病院で手術を受けた方が早いのです。

包茎の治し方は突き詰めていけば手術を受けることに繋がります。


お金がかかってしまい、さらには恥ずかしいというハードルがありますが、確実に治療したいのならこれ以上の方法はありません。

そこまでしなくても毎日少しずつで良いというのなら、意識して自分で剥いていく時間を作る方法になります。

どうしてもすぐに治したいというのなら、必然的に手術を選ぶことになるでしょうが、それを決めるのは自分自身です。

ただしやはり真性包茎やカントン包茎の場合は、病院でしっかりとした手術を受けることをおすすめします。

偏平足の治し方

偏平足の治し方についてまとめてみました。

偏平足は遺伝による要素が大きいと考えられてきましたが、現在では筋力の低下などの後天的な要素からも発症することがわかっています。

原因がわかっていると言うことは、その問題を解決してあげれば、扁平足を治すことができるのです。

偏平足の治し方にはいくつかの方法があります。


テーピングで矯正することで苦痛を和らげ、じょじょに治していくことができます。


ただしこの方法は巻き方が悪いと逆に悪化してしまうので、病院で指導を受けてからするようにしましょう。



次に靴を自分に合ったものに変えるというものです。土踏まずが当たる部分が盛り上がっているものが効果的で、逆に平べったいものは避けるようにしてください。

最初離れないかもしれませんが、これとテーピングを組み合わせることによって、かなり楽に歩けるようになります。

そして何よりも大切なのは、日々の生活の中で足の裏を刺激する習慣を作るということです。

意識してつま先立ちをするというだけでも、続けていけばかなりの効果があります。

偏平足は重傷のものになると手術が必要というものもあるので、自分だけでなんと貸しようとするのではなく、医師に相談するようにしましょう。

偏頭痛の治し方

偏頭痛の治し方についてまとめてみました。偏頭痛といってもさまざまな種類があります。

一過性のものなのか、それとも慢性的なものなのか、原因が何にあるのかというのもさまざまで、一見すると何が原因なのかまるでわからないという時もあります。

慢性的なものになると、何か重大な病気が原因になっているということもあるので、あまりにも偏頭痛がひどいという時には、病院で検査を受けることをおすすめします。

偏頭痛の時に有効なのは、市販されている頭痛薬ですが、これは単純に痛みを防いでいるだけであって、頭痛の原因そのものが治っているわけではありません。

またあまり飲み過ぎると、薬が効きづらくなることもあるので注意してください。

偏頭痛を治すためには、傷む部分を冷やして安静にしているのが一番です。横になっているだけでもかなり楽になることが多いので、試してみてください。

ちなみに偏頭痛の時にはマッサージや入浴、運動などをしてはいけません。

一眠りするというだけでも偏頭痛にはかなり効果があります。そこまでする余裕がないという時には薬に頼ることも必要ですが、たいていは寝てしまえばなんとかなるものです。

ただし寝過ぎるとひどくなることもあるので注意しましょう。

風邪の治し方

風邪の治し方について、みなさんはどれだけ知っているでしょうか。実は風邪の治し方というのは、厳密にはありません。本当の意味で効果を発揮する風邪薬を発明することができれば、それはノーベル賞ものだと言われているくらいです。

しかし風邪の症状に対して適切に対処することで、風邪からの回復を早めることができます。
風邪の治し方はとてもシンプルで、栄養をとって身体を休めることです。

それだけで良いというわけではありませんが、根本的な部分はこの方法です。あとは出ている症状に応じて、適切な対処をしていけばよいのです。

熱が出ていて寒気がするという時は、身体が保温を求めているからです。

身体がだるくてつらいという時は、安静にすることを要求しています。


せきやくしゃみ、鼻水が出る時は、身体からウイルスを追い出そうとしています。下痢や嘔吐の症状がある時は、体内の毒素を排除しようとしているのです。

このように風邪の症状は意味もなく発症するわけではなく、しっかりとした理由があります。

ということはその症状に応じた対処をすることで、効率良く風邪を治すことができるのです。

風邪をひいたら病院に行くのが一番ですが、症状を分析すればこれだけのことがわかるので覚えておきましょう。

不整脈の治し方

不整脈の治し方についてまとめてみました。

不整脈とは心臓の拍動のリズムを調整している機能に異常が生じるもので、症状が軽いものなら治療の必要はありませんが、重いものになると突然死の原因にもなるため早期治療が必要です。

不整脈には「早い脈」「遅い脈」「飛ぶ・抜ける脈」の3種類があり、それぞれの種類によってさまざまな症状が出ます。

不整脈を治すための方法にもいくつか種類がありますが、その中でももっとも有名なのがペースメーカーを使った治療です。

心臓を動かす電気の発生元からの電気が規則正しく発生しないことが、不整脈の原因です。

それを機械的に調節するのがペースメーカーなのです。

ペースメーカーから発生させる電気によって徐脈(遅い脈)を直すことができるのです。

頻脈(早い脈)や期外収縮(飛ぶ・抜ける脈)の治療として効果的なのが、投薬治療です。

投薬は不整脈のタイプによって飲む薬が異なるため、さまざまな薬剤を組み合わせて使用します。

さらに致死性の不整脈の場合は、植込み型除細動器を使って治療を行うこともあります。

不整脈は自分どうにかできるようなものではありません。

不整脈の疑いがあると感じたら、まずは病院へ行くようにしてください。

捻挫の治し方

捻挫の治し方について簡単にまとめてみました。

捻挫とは間接を捻りくじくことです。骨と骨を繋ぐ関節周囲の損傷や、靱帯を損傷することにより、痛み、膨張、熱感などの炎症を引き起こすものです。

捻挫をする部位にはさまざまなものがありますが、基本的にどこの部位であっても治療方法は変わりません。

ここでは一番捻挫しやすいと言われている、足首の治療法を例にして、捻挫の治し方について書いていきます。

捻挫をしているということは炎症が起きているということなので、まずは冷やすことからはじめます。

冷湿布を使うものから、氷嚢を作って患部に当てるというものでも良いので、とにかく冷やすようにしてください。

そして今度はその状態で固定する必要があります。

サポーターを使う方法やテーピングをするという方法がありますので、患部をしっかり固定してください。

そしてその状態を保つことが重要です。

また捻挫を治す時には、患部を自分の心臓の高さより高めの位置にすることが効果的です。

さすがに立っている時は無理ですが、横になった時は足を高い位置に置くようにしましょう。

シンプルですがこれを続けていけば、捻挫は簡単に治るので覚えておきましょう。

くれぐれも捻挫をした部分を無理に動かすことは避けるようにしてください。

熱の治し方

熱の治し方についてまとめてみました。

熱といっても、まず何が原因で熱が出ているのかを調べなければいけません。

一般的にほとんどの場合は、風邪が原因で熱が出ているということを指しますが、何か大けがをした場合はそちらが原因で熱が出ていることもあるからです。

さすがにそこまでいくと、抗生物質の使用をはじめとした治療が必要になるので、病院での治療をおすすめします。

ここでの熱の治し方は、一般的な風邪の場合の対処方法です。

熱を下げるために効果的なのは、身体の中でも太い血管が通っている場所を冷やすことです。

脇、足の付け根、首筋などがそれにあたります。

ただし熱が上がりきるまでは、この方法をしてはいけません。

熱が上がっている最中は寒さを感じるくらい冷えきっているので、その状態で身体を冷やしてしまっては逆効果になります。

しかしそれよりも気をつけなければいけないのは、熱を下げる=風邪が治るということではないことです。

そもそも熱が出るのはなぜなのかというと、体内温度を上げてウイルスの増殖を抑えるためと考えられています。

無理に熱を下げると、ウイルスの増殖が活発化して、結果的に風邪が長引いてしまう可能性があるので覚えておいてください。

猫背の治し方

猫背の治し方について簡単に説明します。猫背はただその姿勢をとっているだけでも見た目が悪く、さらには内臓を圧迫してしまい血行が悪くなることもあります。

さらに血流障害によって、頭痛や神経痛を起こすこともあるのです。

単純に姿勢が悪いというだけで、人間の身体はここまでの影響を受けてしまうのです。

しかし猫背というのは単に姿勢が悪いというだけなので、その治し方はとてもシンプルです。

常に正しい姿勢をするように心がけるだけなのです。

それができないから苦労しているという人もいるかもしれませんが、それは単純にやる気がないだけです。

四六時中意識をしていろというわけではありませんが、気がついた時に姿勢を正すようにするだけでも、かなり変わってきます。

そしてその状態を長く続けるように意識していけば、いつの間にか猫背が治っているのです。

ちなみに1つ面白い方法がありますが、それはいすに座っている時に背もたれがないものとして考えることです。

こうすると自然と背筋をただすようになり、猫背が解消されるのです。

また生体を受けることによっていつの間にか猫背が解消されたということもあるので、どうしても猫背が治らないという人は一度見てもらってはいかがでしょうか。

二日酔いの治し方

二日酔いの治し方についてみなさんはどれだけご存じでしょうか。

まず前提となるのは、二日酔いはアルコールが原因で起こっているわけではないということです。



アルコールを摂取すると、体内でアセトアルデヒドという成分に分解され、最終的に水と二酸化炭素として体外に排出されます。

このアセトアルデヒドの持つ毒素が、二日酔いの原因なのです。

厳密に言えばアルコール由来のものですが、アルコール自体が作用しているわけではないということです。

二日酔いは飲む前に対策を取るか、飲んでいる最中に対策を取るか、実際になった後でどう対処するのかと、さまざまな方法があります。

飲む前だと豆腐などのタンパク質を摂ることや、ウコンなどのサプリメントを飲んでおくと効果的です。

飲んでいる時には、水をたくさん飲むようにするようにしてください。

もしも二日酔いになってしまった場合も、水分をたくさんとることが効果的です。二日酔いの頭痛は、アルコールが蒸発する時に脳内の水分が一緒に蒸発してしまうのが原因です。

だからこそ水分を多めに摂っていれば、頭痛が緩和されるのです。

一番重要なのは二日酔いにならない程度に酒を抑えておくことですが、どうしてもという時にはこれらの方法を試してみましょう。

頭痛の治し方

頭痛の治し方について簡単なものをまとめてみました。

頭痛と一言で言っても、その原因は無数にあるので、これをすれば頭痛が確実に治るという方法は残念ながらありません。

簡単に治せるものもあれば、何か重大な病気の予兆であるということもあるので、まずは自分の頭痛がどういうタイプのもので、それは何が原因になっているのかを知ることからはじめなければいけません。

一時しのぎ的な方法になりますが、市販の鎮痛剤を使用すれば、とりあえず頭痛のつらさかは何とかすることができます。

しかしここで勘違いしてはいけないのが、原因を取りのぞいたわけではないということです。

頭痛が起きるたびにそれを飲めば良いというわけではありません。

それで肝心の問題から目を背けたままにしておくと、後で大変なことになってしまう場合があります。

睡眠不足になりがちな人は、栄養をしっかり摂ってよく眠るようにすると、それだけで頭痛が解消される場合があります。

また眼の疲れや肩こりがあるという人も、それが原因で頭痛になってしまうことがあるので注意しましょう。

まずなんとかして休む時間を作ることが、頭痛の治し方で重要なことです。

それでも効果がないという時は、病院での診察を受けることをおすすめします。

赤ら顔の治し方

赤ら顔の治し方についてまとめてみました。

赤ら顔にはさまざまな種類と原因があるので、簡単に赤ら顔の治し方といってもどれが有効なのかはすぐにわかりません。

まず自分の赤ら顔は何が原因で起きているのかを確認してください。

症状によっては簡単に治すことができますが、重いものになるとなかなか治すことができないものもあります。

赤ら顔になりやすいものとして、にきび跡が炎症を起こすことによってなるものがあります。

これはにきびケアをしてあげることで解消されるものなので、炎症を起こしているのが原因なので、その原因の素を断ってやれば良いのです。

この他にも肌のケアをおこたったことが原因で起こる赤ら顔は数多くあります。

男性ならヒゲ剃りが原因で起きてしまうものもあるので、まずそういう所に原因がないかどうかを確認してみましょう。

それだけで回避できるのなら、今後はしっかりとスキンケアをするようにしてください。

また過剰なスキンケアが原意で赤ら顔になってしまうこともあるので、やり過ぎにも注意してください。

また赤面症という病気もありますが、これは精神的なものが原因なので、実は気の持ちようで何とかなります。

この他にも赤ら顔にはさまざまなものがあるので、まずは自分の症状と原因をしっかり確認してください。

水虫の治し方

水虫の治し方について簡単にまとめてみました。

多くの人を悩ませている水虫ですが、決して対処法がないというわけではありません。

適切な対処をすることによって、水虫を治すことができます。

しかしここで注意が必要なのは、水虫にも色々な種類があるということです。

市販の薬を利用するにしても、水虫のタイプと合っていない場合は効果が出てくれません。

足を何度も洗って薬を塗っているのに効果がないという人は、まずこの部分を疑ってみてください。

病院へ行くことが恥ずかしいと思っている人もいますが、適切な水虫治療をするためには、病院での検査は必要不可欠です。

市販の薬をいくつも試していくよりも、病院で1回検査をしてもらった方がはるかに安上がりです。

水虫の治し方で重要なのは、対処方法を間違えないということなのです。

ここで躓いてしまうと、いつまでたっても水虫が治らずイライラしてしまうかもしれません。

清潔に保つことは間違いではありません。

しかしその状態で何をするのかが、水虫の治し方で重要なのです。



水虫をしっかり治したいと思うなら、やはり病院でしっかり検査を受けることが一番です。

半端なことをしても長引くだけなので覚えておいてください。

寝違えの治し方

寝違えの治し方について簡単にまとめてみたので、参考にしてみてください。

朝起きると首が上がらないという時は、まず間違いなく寝違えを起こしています。

これは不自然な体勢のままで寝てしまったことが原因です。

身体が冷えて首周辺の件が硬くなってしまっているのが原因で、この状態で無理に動かそうとすると、件が引き延ばされることで痛みが生じるのです。

では実際に寝違えになってしまったら、どう対処すればよいのかということになります。

寝違えになってしまった時には、まず患部を無理に動かさないようにしてください。

どうしても必要に応じて動かさなければいけないこともあるかもしれませんが、寝違えを起こした場所を無理に動かすと、症状が悪化してしまう可能性があります。

値違えを起こした症状を温めることも厳禁です。これによって炎症が進んでしまい、症状の悪化という可能性があるからです。

寝違えが起きてしまった時は、冷シップによるアイシングが有効です。

とにかく患部の炎症を抑えることを考えるようにしましょう。

もしどうしても痛みが強くて我慢できないという時は、病院で鎮痛剤を出してもらうことも考えておいてください。

しっかり対処すれば、1〜2週間ほどで完治します。

傷の治し方

傷の治し方について色々なことをまとめてみました。

傷の治し方と言われても今さらと思われる方もいるかもしれませんが、改めて現在の傷の治し方について知ると、驚かれる人がたくさんいます。

傷の治し方と言えば、消毒してガーゼを当てて保護するというものを想像する人がほとんどだと思いますが、実はこれは根本的に間違っていたという説が出ました。

現在主流になりつつある治療法は、今までの治療法とは真逆の発想に近いものなのです。

消毒をする必要はなく、傷を水道水で洗ってからラップを被せてテープで留めるだけです。

あとは毎日ラップを交換していけば良いのです。

おそらく今までの治し方しか知らない人が見たら、何をやっているのか意味が分からないと思う人もいるでしょう。

しかし傷を湿潤環境に置いておくというだけで、人間の治癒力をフルに引き出した傷の治し方なのです。

消毒はせずに傷は乾かさないというシンプルな方法ですが、この方法を用いることで今までよりも早く綺麗に傷が治ります。

さすがに血が出ている場合は、出血がおさまるまで待たなければいけませんが、いつか傷を負った時にはこの方法を試してみてください。その効果の高さにきっと驚きますよ。

耳鳴りの治し方

耳鳴りの治し方について簡単に説明します。

まず覚えていて欲しいのは、耳鳴りにはさまざまなタイプがあるということです。

簡単に治ってしまう耳鳴りもあれば、治療に難儀するものもあるのです。

耳鳴りの治し方を試しても治らないという時は、根気よく治療していかなければなりません。

耳鳴りにはさまざまなタイプがあり、それと同じくさまざまな治療法があります。

これをすれば絶対に耳鳴りが治るというものはなく、自分がどういうタイプの耳鳴りなのかを知り、それに対して有効な方法をとらなければいけません。

耳鳴りに有効な薬を飲めば治ったという人もいれば、そういう薬ではほとんど効果がないという人がいます。

マッサージで治ったという人もいれば、やはり効果がないという人もいます。

病院に行かずに耳鳴りを治したいと思う気持ちもあるかもしれませんが、まずは自分の耳鳴りがなぜ起きているのかもふくめて、一度検査を受けてみることをおすすめします。

ひとつひとつ色々な方法を試していくのも1つの方法ですが、もっと根本的な部分から調べていくのが、早く耳鳴りを治すためには必要なことです。

耳鳴りは何が原因で起きるのかわからないものなので、まずはその原因を知ることからはじめましょう。

これによって、あっという間に耳鳴りが解消されることもあるからです。

痔の治し方

痔の治し方について簡単にまとめてみました。

痔というのは誰かに相談しづらいもので、病院へ行くと言うだけでも抵抗があるという人もいるくらいです。

しかし恥ずかしがって自分だけで対処しようとしても、なかなか治ってくれるものではありません。

実は日本人の3人に1人は痔に悩んでいるというデータがあります。

誰にもいわないだけで、痔に悩んでいる人はたくさんいるのです。

痔にはイボ痔や切れ痔などがあり、その症状や対処方法も変わってきますが、基本的には薬を塗ることで症状を抑えることができます。

また飲み薬によって痔を治すことができる場合もあるので、まずは自身がどんな痔なのかを把握しましょう。

痔の薬を塗る時は、まず清潔にしてあることが重要です。

赤ちゃんのおしりふきに水をふくませて丁寧にふくようにしましょう。

汚れが落ちていない所に薬を塗っても効果はないので、しっかりふくようにしましょう。

痔の症状がひどくなると、手術が必要になる場合もあります。

しかしそうでなくても、痔の症状が出てしまったら、すぐに病院へ行くようにしてください。

早めに対処することは、どんな症状であっても重要なことなのです。我慢し続けるとどんどん症状が悪化するので気をつけてください。

歯槽膿漏の治し方

歯槽膿漏の治し方についてまとめてみました。

歯槽膿漏は、葉にとっての土台である歯ぐきが病気によってゆるくなってしまうものです。

重傷になると、歯が抜け落ちてしまうこともあるくらい恐ろしい病気なのです。歯槽膿漏にならないためにも歯を磨くことは重要ですが、もし歯槽膿漏になってしまった、いったいどうすれば良いのか。



歯槽膿漏は、破に汚れが残ったままの状態が一番の原因です。まず歯を清潔に保つことからはじめなければいけません。

今までしっかり歯を磨いてきたと思っても、実際には汚れが残っていたということは良くあります。

それこそが虫歯や歯槽膿漏の原因なのです。

しっかりとした歯の磨き方を1〜勉強して、それを実践するようにしてください。また歯石の除去も、歯槽膿漏対策として重要なことです。

これらのことを続けていくことで、歯槽膿漏の症状がおさまっていきます。

しかし重いものになると手術の必要があるというものもあるので、一番重要なのは歯槽膿漏にならないことです。

定期的には医者へ行くようにして、いつも清潔な歯を保つようにしてください。

早期発見ならいくらでも対処できますが、一定レベルを超えるとそれすらもできなくなるので気をつけましょう。

歯周病の治し方

歯周病の治し方について簡単にまとめてみました。

歯周病を本格的に治すという場合、自分で治すのではなく歯医者に通うことになります。

そのため、実際には歯医者で直接話を聞いた方が、歯周病の治し方を知るのは良いかもしれません。

しかし歯周病にならないための方法もあるので、そのこともふくめて知っておくようにしましょう。

歯周病を治すための方法はとてもシンプルです。それは口の中を清潔にしておくということです。

定期的に歯医者に行って歯石を取ってもらうというのはとても有効な方法です。



歯石というのは食べ数に菌が増殖してプラークになったものが、さらに石灰化したものなので、歯周病の原因としては一番大きなものです。

歯みがきをすることは基本中の基本といっても良いものですが、歯みがきをしたという行動で満足している人が多く、本当に効果的な歯みがきができているという人は少ないのです。

歯はただ磨けば良いというものではありません。

みがき残しがないかどうか、自分の歯みがきを再確認してみましょう。

歯間ブラシを使うというのも、歯周病を治すためには有効な方法なので、取り入れてみてください。

歯周病の治し方といっても、結局は口の中を清潔にすることだけです。

しかしそれができていない人が多いのが問題です。

今一度自分の生活を見直す所からはじめてみてください。

四十肩の治し方

四十肩の治し方についてまとめてみました。

四十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれるものです。

そもそもなんで四十肩と言われているのかというと、この年齢あたりになると肩が痛くなるからこう呼ばれているのです。

四十肩はその症状や期間によって治し方が異なるので、まずはその症状を調べることからはじめなければいけません。

痛みや炎症が酷くなければ、少しずつ自分にできる範囲で運動をしていきます。

逆に炎症が酷い場合は、まず炎症を抑えることからはじめなければいけません。

炎症を抑えるためには、冷湿布を使うのが効果的です。この時に間違えてはいけないのが、患部を温めるということです。

血行をよくすることで効果がありそうと思う人が沢山いますが、実は逆効果なのです。

患部を冷やして痛みや炎症がおさまったら、少しずつ運動をするようにしてください。

肩が痛いから動かしたくないと思う人もいるでしょうが、四十肩はそのままにしておいても決して治るわけではありません。

問題の先送りになるだけで、症状は悪化するか停滞するかしかありません。

しっかり方のストレッチをしていれば、四十肩事態を防ぐことができるので、年齢を感じるようになったら気をつけるようにしましょう。

腰痛の治し方

腰痛の治し方についてまとめてみました。

腰痛と言っても、何が原因で起きているのかによって対応がまったく変わってきます。

色々な方法を試してみるのが一番ですが、中には病気が原因で起きている腰痛もあるので、どうしても治らないという時には病院で診察を受けるようにしましょう。

腰痛を治すために一番効果的なのは、ストレッチをすることです。

腰に痛みがあるためいきなり無理をすることはできませんが、少しずつ続けていけば腰痛が緩和されてきます。

仰向けになって腰を浮かさない程度に片足ずつ浮かせるストレッチを少しずつ続けるだけでも、腰痛が治ることもあるので試してみると良いでしょう。

一番怖いのは、痛いから無理をせず動かさずにいることで、腰痛が慢性化してしまうことです。

負担を全くかけないと言うことは、時には逆効果になるということを覚えておいてください。

かといって無理をかけ過ぎるのも同様のことが言えます。

ぎっくり腰のように明確な原因があるならともかく、良くわからない腰痛が起きた時は、速やかに適切な対処をすることが必要です。

腰痛になってしまったら、まずはすぐに病院で見てもらうことをおすすめします。

面倒だから、大丈夫なはずという理由で先延ばしにして、後で公開することがあるので注意しましょう。

口内炎の治し方

口内炎の治し方について説明します。

口内炎はとてもつらい症状です。

痛みのために食事を満足にすることができず、刺激の強いものはいっさい食べられないということもあります。口内炎になる原因はさまざまですが、これだという口内炎の治し方については、知らない人がたくさんいます。

口内炎にとって一番効果的なのは、口内炎用の薬を使うことです。

薬局などへ行って口内炎用の薬を買ってくるのが一番早いですね。

痛みがとてもどういしてもつらいという時は、病院へ行って医師へ相談すると良いでしょう。

口内炎は良くあるものですが、中には重大な病気が隠れている場合があります。今までとは何か違うと感じたら、医師に相談してみて下さい。場合によってはレーザー治療によって口内炎を治すこともあります。

病院へ行くことや薬を塗らずに治したいという時は、うがいをして口の中を清潔に保つようにしてください。

構内にある雑菌は、口内炎の原因になります。

うがい薬を使用してうがいをすることによって雑菌を殺してしまえば、口内炎が治るまでの時間が早まります。

基本的に口内炎は時間の経過とともに治るものですが、このようにさまざまな治し方があるので覚えておきましょう。

五十肩の治し方

五十肩の治し方についてまとめてみました。40代・50代になると、突然肩が上がらなくなるくらいの痛みが来ることがあります。

これこそが五十肩です。

これは肩の関節を構成している骨に炎症が起こる病気で、いったん発症すると日常生活がとても不便なものになってしまいます。

さらにそのまま肩を動かさずにいると、今度博多周辺の組織が固まり、運動障害に繋がってしまうのです。

五十肩の治し方は、基本的に運動療法です。

痛みがつらいかもしれませんが、最初は軽い運動から始めて徐々にならしていってください。

一度に多くやると効果的かもしれませんが、それで無理がかかるようなら逆効果なので、少しずつにわけてじっくりするようにしましょう。

もしも五十肩によって患部が熱を持っていた場合は、冷やすことで炎症を抑えることができます。

もしも炎症がない場合は、温めて肩を動かす運動をするようにしてください。

五十肩が自然に治ったという人もいますが、それは五十肩ではなく、別な肩の病気であった可能性が高いです。

五十肩は自然に治るようなものではなく、適切な処置をしなければ治りません。

それどころか慢性的な五十肩になってしまう可能性があるので注意してください。

血豆の治し方

血豆の治し方について簡単にまとめてみました。

血豆は内出血によって溜まった血がそのまま固まってしまうものです。

血豆ができること自体には何の害もありませんが、見た目が良くないのですぐに治したいという人がほとんどです。

しかし血豆の一番の治し方は、手を出さないということなのをご存じでしょうか。

血豆はそのまま放っておけば、自然と剥けて治るものです。

かえって刺激することによって、雑菌などが入り込んで症状が悪化してしまう可能性があるのです。

しかしどうしてもすぐに治さなければいけないという時は、患部をアイシングしてから血豆に穴を開けて、中に溜まっている血を絞り出すという治療法があります。



もちろんこの方法も100%良いというものではなく、しっかりと消毒することを前提としたものです。

自分で治療することもできますが、大事を取って病院で治療してもらうようにしましょう。

その場しのぎで血豆を治そうとして、結果として悪くなってしまっては元も子もありません。

治療と言うには少々荒っぽい方法かもしれませんが、一刻も早く血豆を治したいという時は、この方法を試してみてください。

そういう事情がなければ、そのままにしておくのが一番なのも忘れないでください。

筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方について説明します。

過度の運動によって筋肉疲労が過ぎると筋肉痛になってしまうということは、誰もが一度は経験することです。

痛みに耐えているうちに症状が回復していきますが、何とかしてこの痛みを和らげたいというのも、誰もが一度は考えることです。

筋肉痛の治し方はいくつかの方法がありますが、まずは栄養を摂ることが重要です。

疲れた筋肉に十分な栄養を送り込むことによって、回復をうながします。

筋肉痛に効果的なのはプロテインですが、プロテインがない場合は肉や魚、大豆製品を積極的に食べるようにしてください。

しかし栄養補給だけでは、筋肉痛は治りません。

次に乳酸を筋肉に溜めないように、クエン酸を摂るようにしましょう。

梅干しや柑橘系のフルーツにクエン酸が多く含まれているので、こちらも積極的に食べるようにしましょう。

もしもそういった食べものがない場合は、サプリメントが効果的です。

そして一番重要なのは、十分な休息を取るということです。痛みに逆らって無理に動き続けると、逆に筋肉痛は悪化してしまいます。

筋肉痛になった時は素直に休息を取って、回復したら動くようにしてください。

睡眠時は成長ホルモンが分泌されるので、筋肉痛の回復に大きな効果があります。

しっかり栄養補給をしてよく眠ることが、筋肉痛の治し方なのです。

魚の目の治し方

魚の目の治し方についてまとめてみました。

魚の目になる原因のほとんどは、自分の足に合わない靴を履くことです。

ならばそのことに気をつけていればと思うかもしれませんが、自分の足にあった靴かどうかというのはわかりづらいものです。

長時間はいていて足に痛みを感じるなら間違いありませんが、短時間ならそこまで痛みが現れないこともあるので注意してください。

自分で魚の目を治す時に使うのは、薬局などで販売されている魚の目用のパッドなどを使う方法です。

根気よく続けていかなければなりませんが、軽い症状ならこれで何とかすることができます。

しかし不快症状のものだと、重たい症状の完治はむずかしいのです。

より確実に魚の目を治したいと思うなら、皮膚科に行って適切な治療を受けることをおすすめします。

魚の目は一度なるとなかなか治ってくれるものではなく、靴を履くたびに感じる足の痛みは、とても面倒なものです。

なるべく手間とお金をかけずに治したいという気持ちもわかりますが、それにこだわるあまり遠回りしていることもあるので注意してください。

どんな病気でも、結局は病院でしっかり診察してもらった方が、早く確実に治るので覚えておいてください。

逆子の治し方

逆子の治し方についてまとめてみました。

逆子はそのままだと上手く出産することがむずかしくて、帝王切開になる可能性があります。

しかし逆子はお腹の中で赤ちゃんの位置が動いてしまうのが原因なので、逆子が治りやすい体勢を取ることによって治すことができるのです。

逆子の治し方は、お尻を高く上げることで赤ちゃんを骨盤からずらし、回転させやすくさせるという体操です。

ただしお腹が張ってきたらやめるようにしてください。

切迫早産の可能性がある人は体操をすることを禁止されているので、医師に相談して行うようにしましょう。逆子の治し方体操は2つの方法があります。

1つ目は胸膝法というもので、腹部を緩めて両膝をついてお尻を高く持ち上げ、その状態を15〜20分続けたのちに、そのまま側臥位で寝ます。

もう1つの方法はブリッジ法というもおので、仰向けに寝てお尻の下に枕や布団を入れて、高さが30センチくらいになるようにするものです。

この大成を1日10分間、2回行うようにしてください。

一回で治るかどうかはわかりませんが、これらの方法を続けていけば、逆子を治すことができます。

大きなお腹にとってつらい体操ですが、根気よく続けましょう。

巻き爪の治し方

巻き爪の治し方についてまとめてみました。

巻き爪は症状の大小を問わなければ、10人に1人はその症状に悩まされているものです。

巻き爪は爪がのの字を書くように横方向に曲がってしまうもので、この症状が悪化すると肉に食い込んで痛みを発するようになります。

ひどいものになると一日中痛みに悩まされることもあるので、巻き爪の症状が確認されたら、早期の内に対策をする必要があります。

原始的な方法で巻き爪を治すなら、少しずつ削っていくというものがありますが、これだとかなりの時間がかかってしまいます。

どうしても自分だけで治したいなら、巻き爪の症状が確認されはじめたらすぐに対応するようにしましょう。

しかし早期の内に確実に巻き爪を治したいなら、病院で治療を受けるようにしましょう。

巻き爪の治し方には、矯正をしていく方法と手術を受けるという方法があります。

矯正をする場合は、形状記憶素材のプレートを詰めに貼り付ける方法と、ワイヤーを装着して爪を広げる方法があります。

ただしこれらの方法は医療保険適応外な場合がほとんどです。

爪の状態によっては矯正がむずかしいと言うこともあるので、その場合は手術が必要になるので覚えておいてください。

過食症の治し方

過食症の治し方についてまとめてみました。

過食症というのは、文字通り食べ過ぎてしまう病気です。

ただ食い意地が張っているというだけなら平和なものですが、過食症がひどくなると吐いても食べたくなるくらいというものもあります。

我慢をすればよいだけの話かもしれませんが、それを我慢することができないのが過食症なのです。

過食症という病気は、多くの場合精神的なものが原因になっているものです。

まずなぜ過食症になったのかという所から考えてみてください。

何か大きなストレスがあるのか、ショックを受けるようなことがあったのか、こういうことが過食症の原因になりやすいのです。

もしそういう原因に心当たりがあるなら、その問題を何とかするようにしましょう。

根が深いものだと自分一人では何とかならないということもあるので、心療内科に相談してみるのも効果的です。精神面の問題がおさまったら、突然過食症が治ると言うこともあるのです。

残念ながら、これをすれば過食症が治るという答えはありません。

基本的に精神面から来るものなので、心の整理をするしかないのです。

まさか自分がと思う方もいるかもしれませんが、しっかりと自分の心と向き合って、どこに原因があるのか考えてみましょう。

仮性包茎の治し方

仮性包茎の治し方についてまとめてみました。

仮性包茎を治すために一番簡単な方法は、手術を受けることです。

しかし手術を受けることが恥ずかしいという人や、何か怖いという人もいるでしょう。

高い費用がかかることも、手術を受けることに対して躊躇してしまう理由になっているはずです。

しかし仮性包茎なら、手術を受けずに治すことができるのです。

その原理はとても簡単で、縮む特性を持った包皮に剥き癖をつけるというものです。

包茎を治すための矯正グッズなどがありますが、実際にはそういうものに頼る必要はありません。

一日の内に10分ずつ皮を剥いたままにしておく、実はこれだけのことを続けるだけでも仮性包茎に効果があります。

ただしこの方法だと、いつになった治るのかというのがわからないため、本当に大丈夫なのだろうかと不安に感じる人もいるでしょう。

そういう意味では、短期間で一気に効果を出すことができる矯正グッズを使うという選択も、間違いではありません。

仮性包茎は、頑張れば治すことができるものです。まずはこのことをしっかり頭に入れておいてください。

繰り返し続けていけば、いつかは結果が出るので頑張りましょう。

それが待てないという時は、手術なども選択肢に入れてください。

下痢の治し方

下痢の治し方
下痢の治し方についてまとめてみました。

下痢にもさまざまな原因があるため、もしかしたらこの方法では治らないかもしれませんが、一般的な下痢(というのもおかしな言い方ですが…)なら、たいてい大丈夫です。

下痢になった間は、とにかくものを食べないことです。食べてもすぐに出てしまうのですから、入れてもしかたありません。

しかしそれだけでは日常生活に影響が出てしまうので、水分の補給だけはしてくだっさい。

電解質の入ったジュース、いわゆるスポーツドリンクなどを飲むようにすると良いでしょう。

単純に下痢の時は、ものを食べずに水分補給だけはするようにと考えておけば大丈夫です。

いったんお腹の状態をリセットすることで回復させると考えれば、わかりやすいかもしれませんね。

その後原因がなんだったのかを考えて、思い当たるものがあればそれを避けるようにしてください。

これは人に酔って異なりますが、コーヒーやコーラを飲むのをやめることで下痢が治ることもあります。

慢性的に続いていた下痢がこれで治ることもあるので、意外と侮ることはできません。

あとは腸への刺激をできるだけ与えないようにして、十分な休息を取るようにしましょう。

これでもどうにかならない時は、病院で検査を受けることをおすすめします。

音痴の治し方

音痴の治し方
音痴の治し方についてまとめてみました。

音痴というのは日常生活で大きく困るものではありませんが、歌う機会が来てしまった時は、どうしようもなく気になってしまうものです。

しかも人には相談しづらい話題であり、自分では気づきにくいものということで、とても厄介なものです。

音痴とは正しい音程で歌うことができないことを指しますが、その原因は大きく分けて2つあります。

1つは耳が悪いということと、もう1つはそのこと自体に慣れていないということです。

慣れていない音痴というのは、単純に音程の違いを感じ取ることに慣れていないだけなので、ひたすら歌い続けることが効果的です。

恥ずかしいかもしれませんが、自分の歌を録音して聞いてみるということも、とても効果があります。

そうやって何度も試しているうちに、どこに狂いがあるのかがわかるようになります。

あとはそこを修正できるように頑張っていけば良いのです。

耳が悪い、音程の違いが感じ取れない音痴の場合は、そう簡単に治せるものではありません。

しかしこれも音程の違いがわかるように訓練していくしかありません。

最初は簡単なものからはじめていきましょう。

小学校時代の音楽の授業のようなことをするだけでも、実は音痴は改善されていきます。

よく聴いてよく歌うことこそ、音痴の改善につながっていくので頑張りましょう。



胃下垂の治し方

胃下垂の治し方についてまとめてみました。

胃下垂とは、胃が通常の位置よりも下の方にずれてしまうもので、場合によってはへそのあたりまで胃が落ち込んでしまう場合もあります。

そのせいで太ってもいないのに腹部飼いで膨らんで見えるようになり、太っていると勘違いしている人もいます。

胃下垂は筋肉のおとろえや体質などが原因でなるもので、正しい治療をすればほぼ改善するものです。

まず何が原因で胃下垂になっているのかにもよりますが、筋力低下が原因の場合は、腹筋を鍛える・姿勢を正すという方法で胃下垂を治せる可能性があります。

運動をすることがほとんどないという人が陥りやすいものですが、運動不足が原因なら、運動をすれば良いだけの話です。

もちろんただ腹筋をがむしゃらにすれば良いというわけではなく、正しいフォームで腹筋をすることが重要です。

姿勢に関しては、今さらどうこうというものではありません。

単純に正しい姿勢をとり続けることを意識していれば良いだけの話です。

無意識のうちに楽な姿勢を取ろうとするのが人間ですが、そこを何とかすることで、胃下垂が改善されることがあります。

この他にも整体での治療や逆立ち、ヨガで鍛えるという方法で胃下垂を治すことができると言われています。

ワキガの治し方

ワキガの治し方について簡単な方法を説明していきます。

わきがの治し方にはさまざまなものがあり、最終的な方法としては手術を受けるというものもあります。

ワキガの原因になっているものを取りのぞくことになるので、これほど効果的なものはありません。

しかし手術を受けるということに抵抗がある人も多く、そんな時間はとれないという人もたくさんいます。

なのでワキガ対策という意味で考えていくことにしましょう。

ワキガはアポクリン腺と皮脂腺から出る分泌物が細菌の繁殖をうながすことにより、汗を発酵させて臭いが出るというものです。

汗の発酵が原因ということは、その原因を取り除けば良いのです。

ボトックス注射を使う方法や、制汗剤を使うという方法など、汗を抑えるための方法はさまざまです。

自分の腋臭の症状に合わせて、適切な治し方を選ぶようにしましょう。

また汗ではなく雑菌を防ぐということで、ワキガ対策のクリームやスプレーを使用するという方法もあります。

しかしこれらの方法も必ず効果があるというわけではありません。

それでもワキガを治したいというのならば、やはりワキガ治療手術を受けるのが一番です。

まず自分のワキガはどういうものなのかを確認するためにも、一度医師に相談してみましょう。

ワキガの治し方でした。



ものもらいの治し方

ものもらいの治し方についてまとめてみました。ものもらいは正式には麦粒腫というものです。

まぶたの分泌線に雑菌が感染して化膿したものなのです。

ものもらいができた場合、自然と治るというのがほとんどですが、適切な対処をすることにより、治るまでの時間を短くすることができます。

しかし自分で治療してどうにかできるものではないので、眼科へ行って、見てもらうことをおすすめします。

ものもらいの治療として、抗生剤入りの目薬を処方してもらえば、ものもらいの原因である雑菌を抑えることができます。

市販されている目薬を使うことでものもらいが治ったという話もあるので、眼科へ行く暇がないという人は試してみる価値があるかもしれません。

しかしものもらいの中に別な病気が潜んでいるという可能性もあるので、しっかりとした検査を受けるのが一番安全で確実な方法です。

ものもらいは自然に治るものであり、薬をつけることによってさらに早く治すことができるものですが、悪化すると大変なことになってしまいます。

時には手術が必要なレベルになることもあるので、気をつけてください。

ハレがおさまらない、膿が出る、痛みが酷いという時は、すぐに眼科で見てもらうようにしましょう。

ヘルニアの治し方

ヘルニアの治し方について簡単にまとめてみました。

ヘルニアの治し方といっても症状にはさまざまなものがあります。

重度のヘルニアになると歩行が困難なレベルになるものもありますが、一般的にヘルニアと呼ばれているものは、痛みを感じるという程度のものです。

これなら改善していくのはそうむずかしいものではありません。

ヘルニアの治療にはさまざまなものがあります。

その中でも代表的なものが、けん引治療です。

しかしこの治療もすぐにするというわけではありません。

ヘルニアには激しい痛みがあるため、投薬・安静によって痛みが落ち着くのを待たなければいけません。

もともとそれほど痛みがないという場合はすぐにけん引することもできますが、医師の判断を仰がなければいけないことに違いはありません。

ただし2週間ほど治療してもあまり効果がないという場合は、他の治療法を試してみた方が良いかもしれません。

神経ブロック注射をすればヘルニアの痛みが緩和されますが、それでも効果がないという場合は、手術を考えた方が良いでしょう。

この他にもヘルニアの治し方には、鍼・灸・カイロ・ゴムバンドなど、さまざまな方法があります。

しかし素人判断での治療は問題が起きることもあるので、そこは注意してください。



にきびの治し方

にきびの治し方について説明します。

にきびは思春期によく出るものですが、大人になってからもにきびが出てしまう場合があります。

さらににきびにも色々な種類があるため、どう対処すればわからないという人も多いのではないでしょうか。

にきびは実はウィルス性のものなので、まず菌の繁殖を防ぐことが重要です。

皮脂の分泌をおさえて清潔にすること、これこそがにきびの治し方です。

にきび用の薬もたくさんありますが、結局やっていることはにきびの菌を抑えるということなのです。

顔ににきびができてしまったという場合は、まずしっかりと顔を洗うようにしましょう。

顔を洗っているのににきびがおさまらないどころか、さらにひどくなったという人も中にはいますが、それはすすぎが足りていない証拠です。

にきび用の薬を使いつつ、にきびができた部分を清潔に保つことが、一番効率の良いにきびの治し方です。

下手にいじると悪化してしまうこともあるので、その点には充分気をつけてください。

またストレスが原因でにきびができてしまうこともあるので、なぜ自分ににきびができてしまったのかを振り返り、その原因を何とかできるようにしましょう。

そうすれば、悩みの種だったにきびがあっという間に治るはずです。



ニキビの治し方

ニキビの治し方

ニキビの治し方について説明します。
ニキビにはさまざまな種類がありますが、ニキビの治し方はとてもシンプルです。

ニキビの原因になるアクネ菌の活動を抑えて、皮膚を清潔に保つことです。

この方法で軽いニキビならたいていのものは治ります。日中、顔に脂が浮いてきたらすぐに洗うようにする。

これができればニキビ対策は大丈夫です。

ここまで極端なことをするのはむずかしいかもしれませんが、どうしてもニキビを治したいという人は挑戦してみると良いでしょう。

ニキビの治し方は、一に洗顔二に洗顔と言われているくらいです。

ただ洗うだけではなく、洗顔料の選び方にも気をつけてください。ただ有名だから、人気があるからという理由で選ぶのではなく、本当に自分の肌に合ったものを選びましょう。

特に化粧をする人は、油分の入ったクレンジングを使って、ニキビが酷い所はマッサージをするように重点的に洗うようにしましょう。

ただし洗う時には強く洗いすぎないようにしてください。

あまりニキビを刺激しすぎると悪化してしまう可能性があります。

もしここまでやってもニキビが治らないという時には、病院で見てもらうようにしてください。

症状が重いにきびになると、洗顔だけではどうにもならないことがあるので注意しましょう。



どもりの治し方

どもりの治し方についてまとめてみました。

しかしここで知っておいて欲しいのは、どもりには明確な治療法が確立されていないと言うことです。

話し方教室やカウンセリングを受けることで治る場合もありますが、それだけでは治らず、薬物療法や呼吸法によって治療するという場合もあるのです。

どもりが起きてしまう原因で一番多いのは、メンタル面です。

緊張のあまりどもりが出てしまう、どもってしまうことによってさらに緊張してしまいと、連鎖的にはまってしまうことが良くあります。

ちゃんとしゃべらなければいけないという考えが、かえってどもりを呼んでしまう状況を何とかしなければいけません。

焦りを感じてしまうという気持ちはわかりますが、急がば回れという言葉もあるとおり、まずは落ち着いて話すことができるように心を整えてください。

メンタル面以外では、聴覚機能不全や痙攣性障害が原因になっている当節もあり、セロトニン治療などで対応していることがあります。

色々と試してみたけどどもりが治らないという人は、病院で医師に相談してみてください。

適切な治療をすることができれば、どもりはほとんどの場合治すことができます。

あれこれ悩む前に、まずは行動しましょう。

詳しくはこちら↓
自宅で吃音を根本から改善トレーニング

しゃっくりの治し方

しゃっくりの治し方

しゃっくりの治し方についていくつか説明します。

しゃっくりは横隔膜や呼吸筋が一時的な痙攣を起こすというものです。

いつの間にかはじまっており、いつの間にか治っているという印象があるものですが、早く治せるならそれに越したことはありません。

しゃっくりの治し方にはさまざまなものがあり、人によって何が効きやすいのかということも変わってきます。

しゃっくりの治し方には根拠があるものから、なぜそのような方法がというものまであるので、いったい何をすれば良いのかと困ってしまいます。

残念ながらすべての人に有効な方法というものがわからないので、複数の方法を試してみて、その中でも一番効果的なものを探すようにしてください。

横隔膜の痙攣が原因なので、横隔膜をコントロールすることを意識しながら腹式呼吸をする。

しばらくの間呼吸を止める、息を止めながら水を飲むということは、もっともポピュラーなものです。

ちなみに水を飲む場合、冷水を飲むというものと、人肌よりも少し温かいお湯を飲むというものもあります。

単純にうがいをするだけでもしゃっくりに効果的という話も聞きます。

とりあえずこれらの方法を一度試してみてください。

ただしまるでしゃっくりが止まらないという場合、病気の可能性もあるので、そのことも頭の片隅に置いておきましょう。

しもやけの治し方

しもやけの治し方

しもやけの治し方について簡単にまとめてみました。

寒くなるとできるしもやけは、正式には凍瘡(とうそう)と呼ばれるものです。

症状が軽いうちはかゆみを感じる程度のものですが、症状がひどくなると皮膚の壊死が起きてしまうことや、皮膚が剥けるという症状がある怖いものです。

初期段階なら何も問題はありませんが、それ以上の状態になると危険なので、しっかり対処しなければいけません。

赤黒く変色することや、腫れてくるというもの、痛みを感じるようになったら危ない証拠なので注意してください。

しもやけの治し方には色々ありますが、一番簡単かつ効果的なのは温めることです。

40度以下のぬるま湯で温めて、その後ゆっくりと時間をかけてマッサージをするようにしてください。

足のしもやけという場合は、とうがらしをガーゼにくるんで靴の中に入れておくのも効果的です。

とうがらしのカプサイシンを利用したしもやけ対策グッズがあるので、そちらを活用するというのも良いでしょう。

症状が強いしもやけの場合は、患部にケロイド治療薬を塗ると良いでしょう。

基本的には温めれば良いというものなので、そんなにむずかしく考えるものではありません。

しかし症状がひどくなる前に対策をとることが重要なので覚えておいてください。

くせ毛の治し方

くせ毛の治し方

くせ毛の治し方についてまとめてみました。

くせ毛というのは髪型の選択肢が少なくなってしまうこともふくめて、できれば治したいものです。

しかし実際にはくせ毛を完全に治すことはできません。

今生えている分の髪を治すことはできますが、その後伸びてくる分の髪の毛がストレートヘアになるという方法はないのです。

これは完全に遺伝子によるものなので、今の所対処方法はありません。

ここでは効率良くくせ毛を矯正するための方法を紹介していきます。

一番確実な方法は、ストレートパーマや縮毛矯正をすることです。

しかしそれではお金と手間がかかってしまいます。効果の高さを考えると納得できるものですが、もっと別な方法はないものかと考えてしまうことでしょう。

くせ毛を治すために有効な方法の1つに、ドライヤーをしっかりかけて直すというものがあります。

くせのある毛を引っ張りながらドライヤーをするだけでも、症状は改善されます。

ヘアアイロンを使うとさらに効果的なので、余裕がある人は購入してみてはいかがでしょうか。

くせ毛用シャンプーを使うというのも、効果的な方法です。

完全に治るというものではありませんが、症状の改善が認められるので、試してみる価値はあります。

完全な効果が期待できるわけではありませんが、これらの方法はくせ毛にとても効果があるので、実際にどれほどのものなのか試してみてください。

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方

ぎっくり腰の治し方について説明します。


ぎっくり腰はとても痛いものだとわかっていても、いざなってみるとあまりの痛さにパニック状態になってしまいます。



その時はただ痛みが通り過ぎてくれるように動かないでしょうが、ある程度落ち着くと今度は何かをしなければいけないと考えるようになるはずです。

しかしここで重要なのは、ぎっくり腰になった時には無理に動かないようにするということです。

痛みを我慢して無理に動くと、症状が悪化してしまう可能性があります。

ぎっくり腰は基本的に絶対安静のものと思ってください。

実際にぎっくり腰になってしまった時には、患部を冷やすことを心がけてください。

ここで注意しなければいけないのは、患部を温めてはいけないということです。

腰の血行をよくすれば良いと思って腰を温めようとする人がいますが、実はこれによって症状が悪化してしまう恐れがあります。

ぎっくり腰になった場合は、まずは氷枕のようなもので10から15分ほど患部を冷やしてください。

これだけでかなり痛みは引くはずです。

それでも効果がないという場合は、病院へ行くようにしましょう。

無理をせず患部を冷やすと言うことが、ぎっくり腰の治し方です。

このことは絶対に忘れないでください。

おねしょの治し方

おねしょの治し方

おねしょの治し方について簡単にまとめてみました。

おねしょと言えば子どもの時にあるものですが、大人になってもおねしょをしてしまうということがあります。

おねしょというのは一般的な名称ですが、正式には夜尿症と呼ばれているものです。

おねしょの面倒な問題は、痛くも何ともないものではありますが、恥ずかしくて誰にも相談できないという所にあります。

おねしょすることを恐れてしまい、誰かと旅行に行くこともできないという人もいるくらいです。

子どものおねしょの治し方なら時間が解決してくれるのですが、大人になってからだとそんなことは期待できません。

おねしょにはいくつかの原因があるので、まずはそこに当てはまるものがあるのかを考えてみてください。

泥酔状態になるまでお酒を飲んだ時、極度の緊張やストレスが溜まっていた時、疲労によって睡眠周期が狂ってしまった場合、膀胱・腎臓・括約筋のいずれかがたるんでいる時、これらがおねしょの原因になるものです。

泥酔状態の場合は単純に一過性のものなので、お酒に気をつければ良いだけの話です。

しかしストレスなどが原因の場合は、そのことを改善していかなければ同じことの繰り返しになってしまいます。

膀胱・腎臓・括約筋の問題ともなると、医師に相談しなければ解決はむずかしいでしょう。

薬によって改善できるものがほとんどなので、何はともあれ病院で見てもらうことが大切です。

うつ病の治し方

うつ病の治し方
うつ病の治し方について簡単にまとめてみました。

うつ病は今や現代人にとっては、とても身近な病気の1つです。

最初はうつ病になってしまったことを認められないかもしれませんが、まずは自分がどういう状況にあるのかを認めることが一番重要なことです。

うつ病は精神面の病気のため、必然的にメンタル面からの治療になります。

しかし症状によっては抗うつ剤が必要になることもあるので、薬物治療もとても有効な方法です。

最初に考えなければいけないのは、うつ病はちゃんと治る病気だということです。

気分が落ち込んでしまい、最初から治るはずがないと思っていたら、治る病気も治りません。

うつ病というものとしっかり向き合って、ちゃんと治そうとする意識を持つことが重要です。

うつ病を治すために必要なのは、原因が何なのかを知り、それにともなって自身の考え方を変えていくことです。

これは簡単にできることではないかもしれませんが、時間をかけて少しずつ変えていくようにしてください。

うつ病になる人の多くは生真面目で、失敗は許されないという硬い考え方を持っている人です。

まず物事を気楽に考えられるようにするだけで、うつ病の症状はかなり緩和されます。

それができないからこそむずかしいのですが、カウンセリングを受けながら自分としっかり向き合ってみましょう。

以上うつ病の治し方でした。




イボの治し方

イボの治し方

イボの治し方について簡単にまとめてみました。

最初に書いておきますが、イボをしっかり治すなら病院へ行くことが一番です。

外科手術で取りのぞいてしまえば、安全かつキレイにイボを治すことができます。

そして一番危ないのが、自分でなんとかしようとすることです。

これは極端な例ですが、イボを自分で取ろうといじり続けていたら、ガンに発展してしまったということもあります。

さすがにここまで極端なことが起きるのはまれですが、絶対に起きないというものでもありません。

薬局などで売っているイボ治療用のグッズに手を出すならともかく、消毒もせずにいじっていたら大変なことになるので覚えておいてください。

イボの治し方として、ドライアイスを乗せるという方法や、液体窒素を使って焼くというものがあります。

もしもそれでイボがおさまらない場合は、別な部分に原因があるのかもしれません。

イボができる原因として、胃の不調があるそうです。

胃に病気がある人が病気を治したら、とたんにイボが治まったという話もあるので、そちらを疑ってみてはいかがでしょうか。

イボはそのままだとたいしたものには見えないかもしれませんが、実はとても怖いものなので注意しましょう。

以上イボの治し方でした。

いびきの治し方

いびきの治し方

いびきの治し方について説明します。

いびきというのは自分では気づかないものなので、実は自分がいびきをしていたかどうかは、人に教えられるものです。

実際に指摘されると恥ずかしいだけでなく、その音によって迷惑をかけているかもしれないので、いびきがあるとわかっているなら、なんとかして治したいものですね。

いびきの治し方でもっとも簡単なのは自己管理です。

太りすぎていると首の周りにぜい肉がついて気道が狭くなり、いびきが出るようになります。

アルコールを飲み過ぎると、気道の筋肉が弛緩されて狭くなり、いびきが出てしまいます。

何か病気が原因なのではないかと思っている人もいますが、こういう単純なものでもいびきの原因になってしまうのです。

もしかしたらと思い当たるものがあるなら、しっかりと自己管理をしていびきが出ないようにしましょう。

しかし中には、もっと重大な原因でいびきが出ている人もいます。

睡眠時無呼吸症候群という病気の人は、いびきを治すために手術を受ける必要があります。

この他にも扁桃腺が極端に大きい人や、のどちんこが極端に大きいという人も、手術でなければ治すことができないというのがほとんどです。

まずなぜいびきが出るのかを特定して、それに対して有効な治療を受けるようにしてください。

こちらをどうぞ↓

1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。