巻き爪の治し方 治す方法!悩まず今すぐ!

巻き爪の治し方

巻き爪の治し方についてまとめてみました。

巻き爪は症状の大小を問わなければ、10人に1人はその症状に悩まされているものです。

巻き爪は爪がのの字を書くように横方向に曲がってしまうもので、この症状が悪化すると肉に食い込んで痛みを発するようになります。

ひどいものになると一日中痛みに悩まされることもあるので、巻き爪の症状が確認されたら、早期の内に対策をする必要があります。

原始的な方法で巻き爪を治すなら、少しずつ削っていくというものがありますが、これだとかなりの時間がかかってしまいます。

どうしても自分だけで治したいなら、巻き爪の症状が確認されはじめたらすぐに対応するようにしましょう。

しかし早期の内に確実に巻き爪を治したいなら、病院で治療を受けるようにしましょう。

巻き爪の治し方には、矯正をしていく方法と手術を受けるという方法があります。

矯正をする場合は、形状記憶素材のプレートを詰めに貼り付ける方法と、ワイヤーを装着して爪を広げる方法があります。

ただしこれらの方法は医療保険適応外な場合がほとんどです。

爪の状態によっては矯正がむずかしいと言うこともあるので、その場合は手術が必要になるので覚えておいてください。
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。